2016/07/05

登記費用 と 固定資産税 7/5

第3発電所の土地の登記についてG社が懇意にしている司法書士様から電話が来ました。
第4発電所の時もお世話になった司法書士です。

ちなみに私は4つの発電所すべて土地売買にて購入したのですが、
第1、第2については登記代金をサービスしていただきました。

本業が建設業なので私にも懇意にしている司法書士様・土地家屋調査士様は
何人かいますし安くやっていただける自信もあります。

しかし第4発電所の登記の際、G社がいつも任せている司法書士様のほうが営業Hさんの
手を煩わせることもなく気持ちよく仕事していただけるのかなとお任せしました。
自分で手配するより多少は高くても仕方ないという覚悟で。

そんな思いがありながらも見積もりをいただいた時には、

「たかっ!自分でやっていいですか?」

と、無意識に思わず言ってしまった司法書士さんです(*^-^*)
その後、譲歩できるところまで値引いてくださったのでお任せしました。
もちろんそれでも私の本業のつてを使うよりはちょっと高かったです。


さて今回の話ですが、まずは司法書士様のターン、

司:「第3発電所の登記の準備ができたので書類と見積りを送ります。
   再度のご依頼ありがとうございました。
   前回よりさらに5千円引かせていただきますね。」


ふむ。さらに司法書士様続ける。

司:「と、いうわけで私の報酬はお安くやらせていただくんですけど…
   今回は登録免許税が17万円になります。」


私のターン。

私:「えっー!なぜ!!!」

司:「今回農地のままの売買が調整区域だから…うんたらかんたら…
   だから税務署指示で宅地評価して1㎡あたり4600円×2,526㎡にしろと…」

私:「うーん…まあわかりました。」


購入に必要なことだし税金だし仕方ない。今更どうにもならないし。
電話を切った。

しかしそうなってくると
土地評価が高い = 毎年の固定資産税も同じように高くなる
と、いう心配が湧いてきました。
計算は省略しますが、確認したところやはり固定資産税も最悪17万円前後で来てもおかしくない。

うーん…太陽光設備も17年間償却資産税かかるし。
やっぱり投資って想像通りにはうまくいかないもんですなぁ…



ん?



んん?



2,526㎡ってなに???

あわててG社契約書を確認すると土地面積は1,104㎡と書いてある。
司法書士様に再度電話をして確認したところ、

司:「あれ…あっー!すいません!間違いでした!!!7万円くらいですね。」

私:「…まぁ…今気づいてよかったです。ははは。」

疲れます(*^-^*)
2,526ってどこから来た数字なんだろ。

以上、今日の事件でした。
払いたくないけど早く来年の土地の固定資産税が知りたいと思いました。

地味にランキング上がってきたので応援お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ    
関連記事
ランキング上がってきたのでクリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ      

太陽光発電

コメント

非公開コメント